サンショウウオは卵から孵化すると、手足がなくフサフサとしたエラのある幼生時代を経て、やがて手足が生えてエラがなくなり、陸上生活に移ります。

卵から孵化した時の餌というのは、幼生の餌と同じになります。

ここでは、孵化後の餌と注意点について説明していきます。

卵から幼生誕生

卵から1cmほどの幼生が飛び出します。

いよいよ本格的な飼育のスタートです。

かなり丈夫な生き物です。

毎日観察をして、丁寧に水換えをして、適した給餌をするという、あたりまえの世話を怠らない限り、亡くならせてしまうことは少ないはずです。

水槽が狭いほど出会い頭の共食いが頻繁に発生します。

共食いを許すかそれとも隔離飼育するか、どちらを選ぶかは飼育者の考え方次第であり、悩むところです。

共食いさせたほうが自然な状態であり、強い幼生を選別できるという、飼育者にとってのメリットがあることは否定できません。

共食いを避けたいのであれば、餌を頻繁に与えて命に関わる共食いを避ける事も可能です。

また、一匹ずつ分けて飼育するとより完全に共食いは、避けられます。

幼生の餌の量、与える頻度

サンショウウオの幼生は肉食で、すごい食欲です。

食べれば食べただけ大きくなります。

毎日与え、食べ残しが出ない程度の量がポイントです。

サンショウウオの幼生は、水底に沈んだ餌を食べます。

幼生の餌の種類

冷凍餌

冷凍ミジンコ

冷凍ブラインシュリンプ

冷凍イトミミズ

冷凍赤虫

これらの冷凍餌は熱帯魚ショップで手に入ります。

プラスチックのコップなどに水を入れて解凍し、スポイトで幼生の目の前に噴出して与えましょう。

こうする事で食欲を刺激するとともに、無駄に散らばらず食べ残しを少なくできます。

これで勢い良く食いついてくれます。

数種類を混ぜて与えても良いですし、また、熱帯魚の粉末飼料や栄養補助粉末などを混ぜることも栄養改善に役立ちます。

サンショウウオ 餌 孵化

活き餌

インフゾリア

ブラインシュリンプ

イトミミズ

赤虫

微生物、総称してインフゾリアは、卵を採取した池の泥をほんの少量すくってきて水槽に投入するという方法で給餌します。
この泥の中には小さな水生昆虫をはじめ、インフゾリアがたくさん入っており、良い餌になります。特に幼生の初期飼料として適しています。生まれたての1週間ほどは、これ以外に餌を与える必要はありません。ただし大き目のヤゴなど、幼生を食べてしまう昆虫が入っていないか注意が必要です。
泥は一度投入すれば、日々、いろいろな生物が沸いてきます。
また、泥が用意できない場合には、湧かしたてのブラインシュリンプも良い初期飼料になります。

スポンサードリンク

まとめ

サンショウウオは、孵化した瞬間から、ものすごい食欲で、食べた分だけ大きくなることが分かったかと思います。

サンショウウオの孵化後の幼生の餌は、冷凍餌から活き餌また、自然の田んぼや池からのインフゾリアなど多々ありますので、色々とブレンドして工夫しながら与えてあげて飼育してあげてください。

 

 

スポンサードリンク